本感想 2015.12.09 (水)
    賭博黙示録 カイジ 全...

    賭博黙示録 カイジ 全...
    著者:福本伸行
    価格:7,487円(税込、送料込)
    楽天ブックスで詳細を見る


    実は読んだことがありませんでした。
    読もうと思ったら「○○編」とかでどこから読めば良いのやらで
    一生懸命ググって順番確認しました。
    で、↑のが最初のシリーズ。
    面白かったです。
    が、ある程度年を取った今だから読んで良かったのかもしれないなと思いました。
    カイジが戦う過程でギャンブルに飲まれていく様がなんとも・・・・
    若いうちに読むと俯瞰出来ないかも知れない。


    あと、カイジ発のネットスラングに初めて気づきました。
    有名な「ざわ・・・ざわ・・」とかは知ってたのですが
    「圧倒的○○」とか謎単位「ペリカ」とか。
    まだ読破してないのでこの先いくつネットスラングが出てくるか
    楽しみです。

    ウェブ拍手レス
    というか、2日経って気づいた。
    弟よ・・・・忙しそうなので連絡してなかったのに
    大丈夫なのか?
    ちなみに今こんなです。
    パースが狂って見えるところは人物でも置くか。
    19 (2)
    影位置も間違ってるので直す予定。
    本感想 2015.11.22 (日)
    じわりじわり仕事を進めつつ
    漫画も読んでます。
    期待してなかったのに(ごめん)
    面白かった↓

    進撃の巨人Before the...

    進撃の巨人Before the...
    著者:士貴智志
    価格:648円(税込、送料込)
    楽天ブックスで詳細を見る



    本を置く場所がないので
    レンタルに頼ってます。
    (レンタルコミックは著者に著作権料入るし)
    気になってる本を借りてるのですが
    1日一冊も読めなくて絶望中・・・。
    あと、案外レンタルコミックに置いてない本も多くて
    先日ここに書いた「ダンジョン飯」とかは
    購入しました。
    本感想 2015.09.18 (金)
    漫画は読んでますが
    久々に泣きそうになったので。

    7SEEDS(28)

    7SEEDS(28)
    著者:田村由美
    価格:463円(税込、送料込)
    楽天ブックスで詳細を見る



    (ノД`)
    ネットでは叩かれてるらしい作品でもあるけど
    やっぱり良かった。
    胸に来る物がある。
    田村先生のキャラには珍しいタイプの
    ナツちゃん(大人しい)だけど
    強く成長していく様がやはり良いなと思う。

    文句言ってる人たちは
    アレかな、萩尾某大先生とかあの辺りのSFと比べてるんだろうか・・・?


    そして、久々のアナログ表紙だそうですが
    とてもいいなと思いました。
    初期のCGに比べて田村先生も非常に向上されたのだけど
    アナログ絵を長く描かれてただけあって
    落ち着きます。
    本感想 2014.10.02 (木)
    殺気!

    殺気!
    著者:雫井脩介
    価格:781円(税込、送料込)
    楽天ブックスで詳細を見る



    「コロッケ!」読みました。
    嘘です。「さっき!」です。(言いたかっただけ)
    忙しい中、本は時間見つけて読んでます。
    この作者さんのは安定して読みやすい。
    本感想 2013.11.04 (月)


    主人公の僕は幼なじみのふみちゃんが好き。
    好きというより、尊敬しているし自慢の友だち。
    ふみちゃんは美人じゃないけれど
    主人公は敬愛している。
    ある日、不幸な事件に巻き込まれて・・・
    といったストーリー。
    辻村深月は以前にも紹介したことがあるけれど
    何ともキャラクターの気持ちに現実味があるというか
    えぐさとは違う、地に立った考え方が
    読む人に迫る。

    ちなみに↓


    も面白かった。
    主人公達高校生の気持ちが本当にリアル。
    現在の社会に沿った設定なのに
    共感する気持ち。
    携帯電話やパソコンがあっても無くてもやっぱり考えることは
    同じなんだなあ。
    ちなみに、素行が悪い梨花という女の子が出てくる。
    彼女は担任の榊先生が好きなのだけど
    これはこれはものすごく分かる。
    心の中でこれは
    惚れてまうやろ~!!!と叫んでしまいましたw
    ちなみにお気に入りは菅原君。過去が切なすぎる(`・ω・´)

    しかし、確か某先生も書いてらしたが
    この年でこんな自分の傷を見せるような
    リアルな書き方されて
    どんな感性の持ち主なんだろう、
    スランプに陥らなければいいけれどと
    書き手として心配になってしまう。
    (才能がある人なんだろうから私のような凡才の心配は余計なお世話なのだろうけど)

    この作家さん、某児童書編集者さんに教えてもらったために
    児童書系で流行ってるのかと思いきや
    そうでもないみたいで
    その編集さんと某先生と私の3人の中のブームだったみたいです。
    (勿論、それ以前に辻村先生は今や人気作家で
    全体的ブームが来てるのだろうけど)
    人気が出る前に教えてくれてた
    編集さんはもともと有能な方で
    先見の明は流石だったなあと思うのですが
    同時にこの編集さんが「辻村先生に仕事を頼みたい」と
    言ってたのはちょっと今は実現しにくいのかな。
    辻村先生の児童書も読んでみたい。