FC2ブログ
    日常 2011.03.24 (木)
    遅ればせながら地震レポート。
    全然、せっぱ詰まってません。
    早死にタイプです。

    あ、楽天ブックスにようやく
    「ポケネコにゃんころりん」が揃いました。
    地震の日は原稿でした。
    とにかく原稿。遅れてます。
    とにかく原稿。
    で、揺れたんですが
    とにかくその時の私は
    手元にあったコーヒーが溢れるのを死守!
    パソコンががたがた言うようだったら
    パソコンを押さえようと思いましたが
    何とか大丈夫です。
    そのうち、原稿が落ちてくる、
    電気スタンドがすべり落ちてくるって感じ。
    そのうちキッチンの方から
    がちゃんと大きな音がしました。
    揺れが収まった時は
    とにかく、手元のコーヒーを
    溢れても大丈夫な方に避難、
    原稿、電気スタンドを元に戻し
    キッチンの音の原因を見たら
    単に調味料棚が落ちてただけ。
    何も割れてないしそんな感じでした。
    震度的に震度5強。
    丁度広島で経験した安芸灘地震くらいだったので
    東京の人がそんなに驚いてるとも思わず
    「やっぱ東京の地震はすげえなあ」と
    思っておりました。
    それより、東北の震度とその時点での死者数数人に
    阪神淡路大震災を思い出し
    嫌な予感がしてました。(あんなに大きな津波が来るとは
    思いませんでしたが。)
    その後、すぐ友達がから電話があり
    お互いの無事を確認。
    で、避難した方がいいのかなあ、避難って多分いつも選挙に行く
    小学校だよなあと思ったのですが
    方向音痴の私は
    建物に危険も感じないし
    そのまま家に居て原稿を描いた方がいいと判断し
    原稿を描いて
    ました。
    家に待機してても
    余震、余震、いまだに余震がありますが
    こんなに余震が多いのも初めてかも。
    そんで、私はそんな中TVで情報を集めつつ
    原稿。多少の余震にも原稿。
    考えたら忙しかったからこそ
    心のダメージが少なかったんだと思います。
    水が止まることを想定し
    お風呂に水を溜め
    その日は、危険な方向を避け、
    眠りにつきました。
    幸い電気水道ガスも大丈夫でした。

    変化は翌日午後から来ました。
    体がだるい。
    熱が何故か上がりつつあります。
    喉が痛くなり
    翌日、つばを飲み込めないほど
    喉が痛み、高熱が出ました。
    残念ながら、日曜日だったので
    ほぼ、飲まず食わずで我慢し(流石に
    布団にぶっ倒れ)
    インフルエンザかも知れないので
    友達に「来るな」と伝え
    翌日朝一に病院に行きましたら
    扁桃腺が腫れており
    すぐに点滴をしてもらいました。

    そのうち続く。