日常 2013.02.12 (火)
    受験生の皆さん、
    頑張って下さい。

    この時期になると私立高校の面接を思い出します。
    4人くらい一緒に面接したんですが
    「愛読書は?」
    と聞かれ
    当時から幕末好きだった私は
    「司馬遼太郎の「龍馬がゆく」です
    (本当は童門冬二の「新撰組」云々とかなんだけど
    マイナーすぎるしメジャー狙うかと
    司馬遼太郎に)
    どのように幕末が好きか
    語りたかったんですが
    私の目が妖しく輝いたのに面接官は気づいたのか
    それ以上突っ込まず
    隣の子が愛読書に
    「杜甫のなんとか」って答えたために
    「それはどういった内容でした?」と
    突っ込んでました。
    そのツッコミを私におくれよ!!!!!!!と
    心の中で叫ぶ私。
    その学校には受かりましたが
    第一志望の公立に受かったので
    公立に行きました。
    ちなみに隣の杜甫云々の子も
    受かってたと思う。

    日頃本は読むと受験の時も得ですが
    (国語の試験によく文学が出てくるので
    読んだことあるのとないとでは随分違う)
    苦手で、それでも面接がある可能性がある人は
    手塚治虫でも全部読んでおけばちょっとはいいと思います。
    もしくは世界三大児童書を押さえておくとか。