日常 2014.03.25 (火)
    土曜日に根津美術館に
    友だち夫婦と清麿を観に行ってきました。
    清麿とは幕末期に活躍した美形刀工源清麿です。
    ・・・といっても
    本来の幕末期1860年代には世を去っていたのですが
    幕末4代刀工の一人。
    ずっと昔から萌え萌えしてましたが
    念願叶ってやっと行けました。

    色々書くと長いので割愛。
    ざっくり説明すると
    腕は良かったものの
    美形+酒好きで
    気分にムラがあり
    大名からの注文を踏み倒して
    一時期萩に逃走してたり
    奔放な人物。(大名も清麿の天才肌を
    良く理解してたのか
    江戸に帰ってきたら何も無かったことにしてくれたとか。
    多分、払ったお金も返ってきてない)
    残念ながら42という若さで自刃してしまいました。
    作品の行き詰まりとも、刀工には大切な目を病んで
    悲観したとも言われてます。
    まあ、私にどストライクな人物です。
    ちなみにお墓には大分前に行きました。

    同時にあった講演にも参加しましたが
    講師より質問者の方が
    ずっと講師っぽかったことは報告しておく。
    あと、女子のわしが参加したら
    浮くかも~vって思ってたら
    案外女子がいたのでびっくりしました。

    実は初めて清麿を観たのですが
    (広島には幕末の刀は来なかったんだよ)
    思った以上に華やかでかつ
    しっかりとした刀でした。
    (とはいえ、刀には詳しくないですが)
    後年の銘(名前)の彫り具合が薄くなってるのが
    気になったので
    やっぱり精神的に病んでたのかなあ感じたり。
    図録買えば良かったです。
    (もやもやしそうなので
    気になったら美術館に買いに行きます・・・。)

    大昔に担当に「清麿を漫画で描きたい」って
    言ったら時代的に有名人物があまり関わらないので
    却下になりました・・・。


    ウェブ拍手レス

    <山本悦子様
    お疲れ様です~。色々大変そうですが
    ポプラ社の本、売れると思います!
    表紙を見たとき「ああ、この人じゃ私は
    負けたなあ。この本、すごく売れるだろうなあ」と思いました。
    おはぎは何故かサワネ家では昔から習慣的に作ってたのですよ。
    なので、ぜんざい感覚というか。
    小倉トースト、そちらの文化ですよね~
    いや、たまに食べると美味しいかもなあとか
    思いますよ、ええ・・・。
    (´・ω・`).。oO(愛知県って主張しないけど不思議な文化)