原爆 2015.08.06 (木)
8月6日です。
連載中の「ポケネコにゃんころりん」原爆編は丁度
この前後に終わるようにしております。
戦後70年の節目に
被爆三世としての私にこういった機会を設けて下さった
赤旗新聞局の皆様に大変感謝しております。
連載は通常モードに戻りまだ続きますが
今年中お付き合いいただくと幸いです。
(読み逃した方は・・・現時点では
う~ん図書館とかお問い合わせ下さい)

連載でも描きましたが
原爆供養塔納骨者名簿という
名前が分かってるのに遺族が名乗り出られてない
名簿があります。
ポケネコ14-3

近年遺族が見つかった例では
「原爆で死んだだろうことは分かっていたが
名簿に名前が載ってると思わなかった」といった方だったそうです。
もし、親類縁者で原爆でなくなった方、もしくはその前後に
行方が分からなくなってる方がいらしたら
名簿を見られてみては如何でしょうか?
亡くなった方でも最期の足跡が分かると感慨深いし
何より相手への供養になると思います。

名簿↓ページの下の方にあります
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1436921274004/index.html

一族全滅してしまったのでしょうか
住所も名前も分かってるのに遺族が名乗り出ない人が本当にたくさんいて
この名簿を見るだけでも生々しく悲しいです。
私が物書きになるのに
広島の地に生まれたことは
大変影響したと思います。
日常生活していても被爆建物があるし
被爆者もいる。婦人科検診を受けるときに
普通に「被爆経験があるか、あったら爆心地から何キロか」と記入する欄があります。
ふとしたときにいろいろ考えてしまします。
祖父は被爆者でしたが
逆に原爆の話は重すぎてとても直接
聞くことが出来ませんでした。

平和教育に嫌悪感を持つ人もいるけれど
戦争を学ぶことは命を学ぶことで
大切にしていただきたいです。

そういえば、私が小さいときは「ぼろっちい建物だなあ」と思った建造物は
ほとんどが被爆建物だったんですが
今は大分無くなってしまいました。