日常 2016.03.29 (火)
うちの母は記憶力がおかしいというか
色々すっ飛ばしてつなぎ合わせて劇的に仕立て上げるのが
得意でして
ーこれは、物語作りをする上で良い意味で私に遺伝したとは思うのですがー
困ることもあり
先日、東京で家族で会うことがあり、弟も一緒に記憶の摺り合わせをしました。
ちなみにうちの父は正確に覚えることにすぐれていて
何年何月何日とかそこまで覚えてるわけです。(ただ、その時何を思ったかとか覚えてない)
当然、ある程度は弟に引き継がれてると私は思いこんでいたのですが
弟は母より酷かったことに気づきました・・・・。
弟「サリン事件の時、母はたまたま出張中で何分か差で助かった」という
話になってるしィィィ!!
(正解「母は全く関わってない。
当時東京に単身赴任してた叔父が、たまたま祖父が亡くなり広島に葬儀に帰省しており
いつもは乗ってておかしくない被害が酷かった丸ノ内線に乗らなくて済んだ。
葬儀がなければ乗って被害に遭ってたかも。(葬儀の数日前に事件があったと私は記憶、
叔父も事件の時間の電車ではなく確か15分前後違う時間の電車に乗ってたので
事件に遭ってた「かも」である)
弟は頭がいいけど話してて昔のことを覚えてないな~、男だから覚えてる部分が違うのかな?と
思ってました。多分、弟は完全右脳特化なんだと思います。
ので

沢音家記憶力

父>>>>>>(超えられない壁)>>>>>>私>>弟>母

と私の中で判明。
私も相当適当なんだけど
他人任せにしないできちんとしていこうと思いました。
家族会合ですが
実は弟は結婚したので
嫁ご両親との食事会でした。
おめでとうございます。

なごやかにうちの昔の話をしてたのに
情報が違いすぎて補正が必要なことが判明した日でした。


しかし、私の友だちならよく分かってると思うけど
私の記憶力も相当まともじゃない。