ヲタ苦 2016.06.07 (火)
なかせよしみ先生のツイートで気になってた
ブックウォーカー(KADOKAWA)内で
電子書籍を作ってみました。
ココの違いはBPABという
国際電子書籍規格で本が作れること。

デザイン知識が無くても
フォーマットが綺麗なので
そこそこ整って出来るのは良いかも。
あと、画面も綺麗なような。

この作品は解像度200で1、7MBでしたが
別作品で解像度72にしたら1、3MB位でした。
解像度を下げたからと言って
一概にデータ容量が下がるわけではないようです。
こういったことを色々研究中。

現時点で出てきた問題点というか。

・グーグルクライムでしか電子書籍作成が出来ない。(購入、閲覧は他ブラウザでも可能)

う~ん、これ大きく表示しないと
分からない人がいるんじゃ無かろうか・・?
私は途中までFirefoxとIEで四苦八苦してました。

・トップがどこか分からない

ブックウォーカー運営ですが
ブックウォーカーからだとどこから入ったらいいか分からないです。
下の方に「BCCKS」ってありますが、恐らくトップはこれ。
これ、括弧書きでも「インディーズ」とか「自主出版」とか書いておかないと
分からないような。
登録すればKindle等外部に置けるので
飽くまで電子書籍を作るツールサイトだと思えばいいのですが・・・。