日常 2017.04.20 (木)
    私はアニメーターではないので
    間違ってる用語、認識が多々あるかも知れません。ご了承下さい。
    なお、写真撮影、掲載は許可済みですが転載はやめて下さい。


    4月上旬、
    トンコハウスのコンセプトアート学
    に行ってきました。

    トンコハウスは元ピクサーのアートディレクターさんが作った会社。
    ズートピアから
    コンセプトアートとかカラースクリプトとか
    興味を持ったのですが
    技術もですが脚本を尊敬してやまない
    元ピクサーのアニメーターさんの技術が観れる!!と申し込みました。

    コンセプトアート:アニメを作る前のイメージ図。沢山の人が関わるアニメ作業だからこそイメージを共有するイラストやラフが
    必要なのかも。
    カラースクリプト:ここではアニメにするときに絵の大体のイメージを色を置いて決めること。ざっくり色を置くのでイメージが伝わりやすいです。

    ロバート近藤さんが描いた
    デザイン
    IMG_20170410_182228.jpg

    IMG_20170410_182200.jpg

    豚さんたちが森を抜けて旧時代の遺物を発見します。

    IMG_20170410_182340.jpg

    ここを重要なシーンとして
    デザイン。

    IMG_20170410_202510.jpg

    描く行程ですが、既にラフで大体のパースが合ってます。
    特にこの後パース合わせもしません。恐ろしい子・・・!
    IMG_20170410_185045.jpg
    IMG_20170410_191822.jpg

    追記下から2枚目の絵は汽車の目(?)が大きくなっていて
    「動物っぽくて良い」と思ったそうですが
    人物(動物)を置くと対比として大きく見えないので
    目の部分を小さくしたそうです。なるほど!