日常 2017.04.24 (月)
メ/ル/カ/リ/「現/金」出品相次ぎ物議、新手の借/金/手段に…運営会社は取り締まり開始

これ、数日前にツイッターに話題になってて
私もツイートで取り上げたんですが
出品停止になったそうです。
その理由が「ネットで取り上げられたから」
って企業倫理はどうなってるんだろう・・・って思いました。
「なんで、現金が売れるのか」に注目が行ってますが
出す方の側にもどんな人が居たのか知りたいです。
システムはヤミ金そのものなので
暴力団や反政府組織の資金源にもなってるんじゃないの・・・?
(写真見ると同一人物が多数出品してるみたいだし)

※現金の出品ですが、リンク先を見ると分かるように
現金10万円を11万円で売っています。
今のところ「すぐに現金が欲しいが借金できない
多重債務者がクレジット決済を使って現金を買う」ということで
売れてるのではと言われてます
が、あくまで憶測で確定ではありません。


追記
え?ヤフオクも現金出品してたの???
・・・本当ダメだな・・・
日常 2017.04.20 (木)
私はアニメーターではないので
間違ってる用語、認識が多々あるかも知れません。ご了承下さい。なお、写真撮影、掲載は許可済みですが転載はやめて下さい。



トンコハウスのコンセプトアート学:2日目
(光と色の演出編)


2日目は同じく元ピクサーアートディレクター
堤大介さんの色彩編。

IMG_20170411_181307.jpg

ロバートさんのデザインラフを並べて
がさっと色を塗っていきます。
コマで割ってたのに隣とくっつけるのが面白いです。

暗いところから明るいところに出て
そして、遺物を発見。
色でイメージを決めていきます。

IMG_20170411_184754.jpg

ここで強調させたいのは汽車は昨日ロバートさんが描いた汽車。
見惚れますね。パースもラフでざざっと描かれてますが合ってます。
素晴らしい。
IMG_20170410_202510.jpg

この汽車をこうしてこうじゃ!!!
IMG_20170411_191241.jpg

ア"-!!!!!!

IMG_20170411_193353.jpg
壊した・・・・・!

ってことが出来るのも昨日ロバートさんと打ち合わせたから。
講義では何度も何度もコミュニケーションの必要性を語って下さってました。
確かにこれはお互いの信頼がないと出来ないです。
そして、完成するにつれて
壊した意味が分かってきます。

IMG_20170411_202454.jpg

完成
IMG_20170411_204618.jpg

先のラフから受けるイメージが
より近い物に感じます。
IMG_20170410_182340.jpg

この講座はツイッターで知ったのですが
アニメ関係の人に流れてて(確認したのはアニメファンとデザイナー、ゲームの背景描いてる人)
漫画界隈にはほぼ流れてなく
漫画家さんで行ってたのは少なかったのではと思いました。
なので、参加者の質問でストーリーの作り方部分に触れる物があり
「そこ、どうかな~(デザインの人に聞くべきことだろうか?」と思いながら聞いてたんですが
物語作りの正解を突いていて流石元ピクサー・・・っていうか
そこまで共有、理解して作ってこそ良い物が出来るのだと思いました。
あと、「アニメーターは自分の絵を高めることに頭が行きがちで
全体をなかなか見られない」と言われてましたが
それは漫画家には無い部分なのでなるほどなと思ったり。
(漫画は絵とストーリーがセットなので
一コマに拘らず常に全体の流れを見る)

とはいえ最近カラー漫画の仕事も多くなり、不慣れ故にどうしても一生懸命一コマを塗ってしまうので
サムネイル(小さいコマを並べてる所)で全体を見て
バランス取るのは収穫でした。

以下↓ストーリーの質問に関して
→続きを読む?
日常 2017.04.20 (木)
私はアニメーターではないので
間違ってる用語、認識が多々あるかも知れません。ご了承下さい。
なお、写真撮影、掲載は許可済みですが転載はやめて下さい。


4月上旬、
トンコハウスのコンセプトアート学
に行ってきました。

トンコハウスは元ピクサーのアートディレクターさんが作った会社。
ズートピアから
コンセプトアートとかカラースクリプトとか
興味を持ったのですが
技術もですが脚本を尊敬してやまない
元ピクサーのアニメーターさんの技術が観れる!!と申し込みました。

コンセプトアート:アニメを作る前のイメージ図。沢山の人が関わるアニメ作業だからこそイメージを共有するイラストやラフが
必要なのかも。
カラースクリプト:ここではアニメにするときに絵の大体のイメージを色を置いて決めること。ざっくり色を置くのでイメージが伝わりやすいです。

ロバート近藤さんが描いた
デザイン
IMG_20170410_182228.jpg

IMG_20170410_182200.jpg

豚さんたちが森を抜けて旧時代の遺物を発見します。

IMG_20170410_182340.jpg

ここを重要なシーンとして
デザイン。

IMG_20170410_202510.jpg

描く行程ですが、既にラフで大体のパースが合ってます。
特にこの後パース合わせもしません。恐ろしい子・・・!
IMG_20170410_185045.jpg
IMG_20170410_191822.jpg

追記下から2枚目の絵は汽車の目(?)が大きくなっていて
「動物っぽくて良い」と思ったそうですが
人物(動物)を置くと対比として大きく見えないので
目の部分を小さくしたそうです。なるほど!

日常 2017.04.19 (水)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マイ・インターン [ ロバート・デ・ニーロ ]価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/18時点)



マイインターンという映画を観ました。
ジャケットから気むずかしい社長に若い女性部下がつく話かと思ってましたが
全く逆で、若い女性社長に老人の部下が付く話です。
主人公の老人は老後に物足りなさを感じて
シニアを募集していたインターネットの服飾販売会社に就職します。
これ観ながら果たしてこれは日本を舞台にしたら
日本人を納得させられるのかと思いました。
とにかく主人公を取り巻く若者が
ある程度の彼に敬意を持っていて
好感が持てるのですが
日本が舞台だったらこの「敬意」を持つ部分から
エピソードを作り直さないといけないなと。
観ながらひょっとしなくても
お年寄りに接するときにこの程度の敬意を持つのは
世界規模では当たり前なんじゃないかなと考えさせられました。

暴走老人とかキレやすい老人とか
ネットではよく見ますし
私もご老人に不本意に怒鳴られて
嫌な思いをしたことがあります。
でも、よく考えたら
ご老人っていわゆる弱い立場の人。
弱い立場の人って叩いても
被害を被りにくいので叩かれやすいんですよね。
老人はじめ
子供をもつ母親
生活保護の人
実際に嫌な目に遭ったことがあるのは別で
それはリアルに会話したときに
愚痴ればよいし、
文字として残る場所やましてや社会的責任のある
メディアが喜々として取り上げるのはいかがなものかと
考えさせられました。

時にメディアが取り上げるのは
取り上げても自分が叩かれないから
弱いものいじめを煽るような傾向に疑問を感じました。

この映画のテーマは
「一人のいい人間が
周りにいい影響を与えること。」
だそうです。


さておき、色々書きましたが
主人公のロバートデニーロは
ゴッドファーザーですからね!(ゴッドファーザー2で若かりし日のゴッドファーザーを
演じた)
そりゃ、敬意も払いますよ!
何人殺したと思ってるんですか!!!
日常 2017.04.10 (月)
自転車の鍵をなくしてしまいました。
無くしたのが昨日なので
出てくるかも知れませんが
流石に8年以上乗ってるので
買い換えるかも。
いや、弟の友人に譲って貰ったので
10年以上?
といいつつ、上記の通り譲って貰ったので
防犯登録をなんとかしないといけなく
面倒がかかるかも・・・・。(弟の友人は今神戸)

先に告知してますが
今回5月のコミティアには出ませんのでご了承下さい。
(スパコミに出ます。オリジナル本も少し持って行きます)