原爆 2017.08.16 (水)
ようやく「この世界の片隅に」を観ました。
とても良かった。情緒に流されること無く
脚本の基本はきちんと押さえて基礎的な部分も
しっかりした映画だったと思いました。

映画の感想はまた後日書くかもですが
映画観てふと思い出したこと。

うちの祖父は被爆者だということは何度か触れましたが
すこし引っかかってたことがあるんです。
ちなみに祖父の紹介をすると
当時軍隊で広島にいて
当日近辺は広島にあった大本営(爆心地近く)から少し離れた某所に重要書類を
運ぶ任務に就いていました。
離れたと言っても爆心地から2~3㌔。被爆圏内です。
(アメリカが新型爆弾を開発した情報が既に軍に入っており
広島に落とされるかもということで
祖父は重要書類を少し離れた場所に移してたのです。
これを広島以外の人に話したときに離れた場所に移す=被爆圏外と思われ驚いたのですが
軍が大丈夫と思ってた場所が完全に被爆圏内だっただけで
原子爆弾がいかに当時の人の想像を超えてたか分かります


話が長くなりました。
それで、母が退職したこともあり祖父の足跡を調べたのですが
どうも、祖父の被爆場所が本人が言ってた場所と違う感じなのですよ。
祖父は当時比治山(山といっても丘程度)の裏で被爆したため
無傷だったと言ってたそうですが
祖父のいた部隊が比治山の表、焼けはしなかったけど建物が相当損壊し
すぐ近くの橋のたもとで後に原爆の語り部となった有名な方が被爆して
酷いケロイドを負ったとか、あまり大丈夫とは言えない場所でした。
そういえば、祖父の話も建物内に居たときに原爆が落ちて
外に出たら爆風でいっぱい部下が死んでたとは言ってたのです。
山の裏と言っても先に言ったとおり被爆圏内なのでそういうこともあるかなと思っていたのですが
「この世界の片隅に」を観たとき
ひょっとしたら祖父は家族に心配かけたくないと少しだけ嘘をついたのでは?と思いました。
勿論母の記憶違い、聞き間違いの可能性もあるのですが。

本当に大した話ではないのですが
映画を観たときその当時の人の気持ちに思いを馳せてしまったので
そんなことを考えてしまいました。

(追記)
あれからふと思ったんですが
場所をぼかしたのは家族のことを思ったためじゃなくて
軍事機密だったから?とか思いました。
軍事機密だったから居た場所を山の裏手だと誤魔化したのか
逆に本当に山の裏に書類を隠す施設があってそこに居たのかも・・・
そしてひょっとしたらその施設にはまだ大本営にあった機密文書が人知れず眠ってるのかも知れないと
思ったり。(ちなみに本当に丘程度の山なので当時祖父の部隊がいた施設の場所を考えても
何らかが起きても5分程度で走って行ける距離です)
と夢を馳せたいですが本当に小規模な山で今は全体が公園なのでどこかに書類を隠せるような場所は無いでしょうね・・・。
ヲタ苦 2017.08.15 (火)
夏コミでは有り難う御合いました。
当日、雨で肌寒かったですが夏コミとしては大変過ごしやすい天候でした。
あと、撤収時に駆け込みで買いに来られた方が複数人いらして
大変失礼しました。
2時に撤収というのは告知してたつもりでしたが
徹底しないといけないですね、すいません。

と当日過ごしやすかったのですが・・・・
ラスボスは宅配列でした。
大阪インテックスに搬入するため指定業者のヤマトでないといけないのですが
3時前からすごい列で・・・・。
恐らく私のように大和市か使えない人に加えて
今回東しかサークルさんがいなくて集中したのと
それにもかかわらず宅配受付が例年通りの規模だったためでしょう。
私が並んだのはまだ早いほうで
私の後ろにはさらなる列が・・・。
ちなみに帰り際にゆうパックの列の近くを通りましたが
ゆうパックは列が5分の1もありませんでした。
場所の近さでヤマトに並んだ人もいるようですが(私と一緒に並んでる方でそういう方がちらほら)
ヤマト指定で無ければゆうパックに並んだ方が良いかと。
お陰でそこでその日の体力を使い切り
打ち上げのお寿司が大変美味しかったです。

とにもかくにも、来て下さって有り難うございました!
イベント 2017.08.12 (土)
8月12日土曜東ラ22a
(8月20日インテックス大阪(スペース 6号館B し50b)も出ます)
サークル名「ひややっこ隊」
ポップ のコピーmini

92配置


新刊


(この記事は8月12日まで上部に表示します。)
原爆 2017.08.06 (日)
すいません、遅刻してこっそり投稿。(現時点で8月8日)
8月6日、ちゃんと朝起きて黙祷しました。
人生で一回だけ仕事で夜型になって朝起きれなくて
黙祷できなかった年があるんですけど
いまだに後悔しております。

ということで去年書こうと思って忘れてた原爆コラム。
私が昔平和公園の横の川で原爆瓦を拾ったことは書いたことある気がするんですが
母の話。
母の大叔父は戦後平和公園近くに洋裁店を開きそこで暮らしてましたので
夏休みはよく叔父の所に遊びに行ったそうです。
で、相生橋の上から飛び込んで遊んでた時の話。
(うちの母、ちょっとむちゃくちゃな人なので
「あの橋、めっちゃ高さあるけど!???って突っ込まないように。)
欄干下水中でなんと人間の頭蓋骨を見つけたそうです。
で、テンション高く
ゴカイ(虫。ムカデみたいなのがたくさんたかってたらしい)まみれの頭蓋骨を
「ヒャッハー!こんなん見つけた!!」と
大叔父の所に持って帰ったとか。
いや、色々ツッコミどころが満載なのですが
さておき、頭蓋骨は勿論被爆者のものでした。
母は戦後生まれなので逆算しても戦後10年以上は経ってるかと思いますが
まだまだそんな状態の骨がごろごろしてたんですね。
原爆投下で身元不明者が5万人もいるとのこと。
「多いな~それだけの被害だったんだなあ」とは思ってましたが
311で名前も顔も分かってるのに遺体の引き取り手がない人の数を見ると
5万人という数字は決して大げさじゃないんだなと実感しました。

前にも書きましたが、この時期、広島の公共機関では
原爆で亡くなったけど名前、住所等が判明してる方々の情報が貼り出されてます。
ネットからも見れるので
もし、県外の方でも身内に原爆で亡くなったらしい方がいらしたら
確認してあげて下さい。

原爆供養塔納骨名簿
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1436921274004/index.html
日常 2017.07.26 (水)
恐竜博に先日行ったのですが
写真をまだブログ用に加工してないので
そのうちに。

4月に話題になったマストドン、新しい物好きの私は
様子を見るためにも
何個かアカウント作りました。
が、この時期になってブームが去った感が出てきて寂しいです。
次期Twitterとも言われたのに。
とはいえ、インスタンス(個々のサーバーとかグループといえば良いのか)によってとても個性があり
相変わらず賑やかなところ、そうでない所とあるようです。
ペンネーム名義でアカウント作ってるパウーとニコ動でも
とても違いがあります。
私個人の感想ですが

パウー(pixivが運営してるインスタンス)はインスタンス内の交流が少ないです。少なくとも私は。
ニコ動は驚くほど皆さん話しかけてくれて、楽しいです。(が、時間が無いときは返信が追いつかないので
申し訳なく・・・・時間があるときにご挨拶してます。)

他、別アカウント名で全く職業性別年齢伏せて入ってるインスタンスもあります。
こちらの方がむしろマストドンの本領発揮で楽しいのですが
この時期になって人が少なくなって上記の通り寂しいです。
別アカウント名でやるマストドンはとてもチャットに似てる感じです。
同じ趣味、考え方の人がふらりと入ってきて会話する。
そして、チャットのように入室退室が無いので「入ったときの挨拶」等ルールが無い。
ミュート機能がTwitterよりきちんとしてる。
個人運営なので広告が入らない。
閉鎖的(最近のバージョンアップで外からの検索も回避出来るようになったらしい)なので
オフ会やその他企画も行いやすい。
日本人向けだなと思うんですが。

マストドン、低迷原因の1つに、久々に入るとログイン画面が出てくるのがあるのではないかなと
思います。環境によってはメルアドとパスワードを入れ直さないと入れない人もいるのでは?
あと、管理人にお金がかかるのと
それだけならまだしも
月一くらいにバージョンアップがあり
その対応が生半可な知識では難しいらしく
運営する意味とは・・・と考えてしましました。
(私、ソース覗きましたが「うん、無理♥」と思って速攻閉じました!)


追記
マストドンの功績として140文字以内のTwitterに対して
500文字以内になったこと。
私、マストドン始めてからブログを書くのが楽になりました。
長めの文って書いてないと書けなくなるのですね・・・。恐ろしい。
日常 2017.07.14 (金)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサルト13 要塞警察 [ イーサン・ホーク ]価格:3693円(税込、送料無料) (2017/7/4時点)



もう一個だけ映画紹介。
最近見た大変ハリウッドらしい
さっぱりした映画。

ストーリー
とある犯罪のボスを移送中、大雪で立ち往生。
近くにあった閉鎖前の分署の留置所に犯人たちを泊まらせることに。
クリスマス休暇で署員が少ない中、
ボスの子分たちがボスを取り返そうと襲撃してきて・・・・というストーリー。
主人公は自分の判断で部下を失ったトラウマがあり
ここでも悩みます。
敵が味方になり、味方の誰が裏切ってるか分からない展開。
お約束も守りつつ少しづつパターンも崩し
最後まで読めません。
すっきりしたいけどハリウッドお約束はうんざりな人にお薦め。
日常 2017.07.13 (木)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

告発 [ ケヴィン・ベーコン ]価格:1000円(税込、送料無料) (2017/7/9時点)



観た映画はあまりに多いので別サイトに備忘録的にまとめてるのですが
これは面白かったのでこちらでも紹介。
受刑者の虐待を告発した映画。
裁判物は「勝つ」ことで終わる映画が多いけれど
これは「勝った」後まで描かれてる。
昔は難解だと感じてた法廷物ですが
陪審員制度が日本でも導入されたお陰で観やすくなった気がします。
→続きを読む?